天然水とRO水が選べるウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーといえば水の種類が豊富で、どのような水を飲みたいかによって選択できる点は大きなメリットといえるでしょう。

そこでよく耳のするのが、天然水とRO水です。



他にも水の種類があるのかといわれれば、ミネラル水やビタミン配合がされた水などもあるようですが、主な分別といえば天然水とRO水になります。

この2つの種類は、ウォーターサーバーを契約したい人なら誰でも迷ってしまうかもしれません。

どちらの水も品質としては高く、ウォーターサーバーの契約をする時にその成分を知れば知るほどどちらも飲んでみたいと思うでしょう。

2つの水の種類の違いを知っておけば、ウォーターサーバーの契約時にどちらを選ぶか迷わずに済みます。


天然水は文字通り、水源から汲み上げた水から不純物を取り除いたものですが、自然の栄養分は残している状態です。

あなたに合った条件でウォーターサーバー情報に精通したサイトです。

これが天然とされている理由で、主にミネラル分を取り除かずにそのままにしてあります。
日本の国土は軟水の地下水がほとんどで、ヨーロッパ圏の天然水とは違いミネラル分が少ない口当たりの良い水です。

独特のミネラル分の風味がある水とは違いますから、天然水でも自然の美味しさを味わえます。

ウォーターサーバーについて詳しく説明しています。

RO水は、その水から徹底して不純物を取り除いています。

逆浸透膜という特殊な膜を通った水のため、ミネラル分まで取り除食ことが特徴です。

徹底して磨き上げた水といわれる所以ですが、まだ抵抗力が弱い赤ちゃんにも安心して飲ませられる水として認知されています。