葬式に参列する際に知っておきたいマナーについて

###Site Name###

通夜や葬式に参列する際には、決められている時間よりも10分前までに受付けを済ませるように、早めに到着しておくのがマナーになりますので、遅れないように注意しなければいけません。
受付で香典を渡す場合は、まず始めに挨拶をしてふくさから香典を取り出します。



そして表の方を向けて相手向きになるようにして、両手を添えながら差し出すようにしましょう。

そして焼香の順番を待つために席について待つのですが、万が一やむおえない事情により、途中で帰らなければいけない場合には、出来るだけ後ろの方の席に着席するようにしましょう。

そして焼香の番が来たら、速やかに済ませて静かに退席するようにする事です。

葬式を行う式場では、大きな声を出したりぺちゃくちゃと話をする事は、避けましょう。

千代田区の葬式情報のお得な利用法をお教えします。

どうしても話さなければいけない場合には、小声で周りに迷惑をかけないようにさりげなく話すようにします。

そして久しぶりの知人に会ったとしても、あいさつは黙礼だけにしておきましょう。

エキサイトニュース情報選びに特化したポータルサイトです。

お通夜では遺族にお悔やみの言葉を述べるのですが、葬儀と葬式ではお悔やみの言葉を述べないのがマナーとなります。
そのためすれ違う際にも、黙礼だけするようにしましょう。

お通夜でお悔やみの言葉を述べる際には、他の参列している方の事も考え短めに済ませるようにします。
お悔やみの言葉を述べる際には、小さく低めの声が最も適しています。

例えば「この度はご愁傷様でございます」や「この度は突然の事で」などと短めに延べた後に、おじぎをします。